【重要政策】携帯料金値下げいつから?

ニュース
この記事は約3分で読めます。

携帯料金値下げいつから?

菅首相の掲げる携帯料金値下げ

菅首相が「携帯電話料金は4割下げる余地がある」と発言したのは2018年の内閣官房長官時代です。

この発言が現新政府の【重要政策】携帯電話料金の【値下げ】に直結しています。

 
4割下げる余地があると発言があったものの、業界内では2割程度の値下げに着地するのではないか。といった声が上がっているとのことです。

いつからなのかを早く知りたい我々ユーザーですが、現段階では詳細情報が開示されていないので未定となっています。

3大キャリアの方針は

ソフトバンク・au・ドコモといった大手3キャリアは菅首相の方針に対応し、値下げする姿勢を見せています。

国の政策となると対応せざるを得ません。

大手3キャリアの方針は出揃ったという記事をよく目にしますが、はたしてどのように動くか要チェックです。

金額の値下げもおおよそ同じような価格設定になるでしょう。

MVNO(格安SIMスマホ)はどうなる?

直近では、MVNO(格安SIMスマホ)を後押しする政策を打ち出してきていましたが、携帯電話料金【値下げ】案件については、MVNO(格安SIMスマホ)のことが言及されていません。

今回の政策で、携帯電話会社の値下げが実施されてしまうと、料金プランによっては結果的にMVNO業界にも打撃を与えてしまいます。

育て上げた枠組みに自ら首を絞めにいっているような気がします。

現在、オリンピック開催に伴い世界的に5Gゴリ押しの波がきています。5Gに回線が切り替わるのであれば、端末も5Gに対応しなければいけません。


安さにのみこだわると端末やネット速度などの質が下がってしまうので、全てのしがらみを含めると難しい政策だなと感じます。


MVNOの今後もこの政策次第で動向が左右されるとしか言えないのが現状でしょう。

料金値下げで危惧されること

ユーザーの声

携帯会社に行って手続きしなければならない。自動で切り替えてくれればいいのだか、恐らく携帯会社で新料金プランに変更しない人は知らずに高い料金を払い続ける。

今までずっとそうやって騙す様な手法で携帯会社はやってると思う…
年配の人は知らず知らずオプションを付けられてずっと高い料金を払わせられてる。

せめて、今の半分ぐらいは下げて欲しいなぁ〜〜。

いまのままでも安いプランだと感じてるから値下げは望んでいない。

家庭用Wi-Fiを契約したけど、全然繋がらないし環境整備にもっと金を注ぎ込んで欲しい。


青森なめ子ブログ管理人
青森なめ子ブログ管理人

上記、ネットに寄せられた声をピックアップしました。

生活における携帯の使用用途によって意見が違っていたり、料金改定に対する不安の声が多数でしたね。

やはり何かを大きく変えるのは問題が多く発生し、膨大なエネルギーと作業が必要なのだなと痛感します。

品質が下がる?

利益が出せなければ供給できる商品の品質は下がってしまうのが摂理です。

一番に危惧されるのが【回線の速度】です。

実際、日本は電波環境が恵まれている国なんです。海外では料金は安いがネットにつながりにくいといった国が多くあります。

まとめ

結論から言うと、料金値下げ時期がいつからなのかは定まっていません。

各社、動いているものの膠着状態が続いています。


今のタイミングで機種変更やキャリア変更などを行うのはあまりおススメできませんので、携帯電話業界の動向を細かくチェック・比較するのが良いでしょう。

青森なめこブログ管理人
青森なめこブログ管理人

家庭に優しい料金の優しいという部分の感じ方はひとそれぞれですよね。

政府・各携帯電話会社からの情報開示を待ちましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました